2016年02月02日

LINEのトーク履歴の取得・解析が可能なソフト「iPhoneアナライザー」

最近何かと話題になっているLINEトークの履歴の流出問題ですが・・・スマホ(iPhone)の中身を解析し、LINEのトーク履歴がパソコンで閲覧できるソフトiPhoneアナライザーをご紹介します。このソフトは、LINEのトーク履歴だけでなく、スマホの中身を解析してパソコンで閲覧できる様々な機能がありますので、以下に機能を記載します。

連絡先
iPhone内部の連絡先情報を解析し一覧で表示することができます。忘れてしまった連絡先をバックアップデータから簡単に調べることができます。

通話履歴
通話履歴を一覧で表示することが可能です。また、iPhone上には表示されない過去の通話履歴も内部にデータとして残っていれば解析し、一覧表示することが可能です。

メッセージ(SMS)
メッセージ(SMS)の履歴を送受信先別に表示することが可能です。画像などの添付ファイルも再現できます。

画像や動画のデータ取得
iPhone端末内のカメラロールに保存された写真や動画を取得することが可能です。位置情報機能を設定しているカメラで撮影した画像にはexif情報と呼ばれる位置情報が記録されています。iPhoneアナライザーでは、ワンクリックで画像の位置情報を取得し、撮影場所を地図で表示することができます。

地図検索履歴
iPhoneに搭載されている公式地図アプリの検索履歴を一覧で表示することができます。

カレンダー
iPhoneの公式カレンダーに入力された内容を一覧で取得することが可能です。

メモ・ボイスメモ
iPhone内のメモやボイスメモを解析し、取得することができます。

LINEのトーク履歴
LINEのトーク履歴の取得解析ができます。トークの相手別に時系列でトークを見ることができます。 端末から消してしまったトークの履歴でも、バックアップデータから再現することができます!

Safariの閲覧履歴
Safariでのインターネット閲覧履歴をリストで表示することができます。 ブックマークを忘れてしまったお気に入りのサイトを探しだすのに役立ちます。

Skypeや瞬間日記
Skypeや瞬間日記などのサードパーティのアプリにも対応!過去の大切な履歴を再現したい方にもおすすめな機能です。

iPhoneアナライザーは、解析機能だけではありません。iTunesのバックアップデータを簡単にフォルダ移動して管理することができます。iPhoneのバックアップデータというのはかなり容量が大きく、これが原因でドライブを必要以上に圧迫してしまうことが多々あります。時間の経過と共にCドライブの空き容量も減っていきますし、ある日突然、iPhoneのバックアップが取れなくなった!という方もいらっしゃいます。しかもiTunesにはバックアップファイルの保存先を変更する機能はない為、強引にでもCドライブの容量を圧縮しない限りは最新のバックアップは保存できないですし、他のファイルを保存するための容量もどんどん無くなっていってしまいます。こういったiPhoneユーザーのよくある問題にも対応すべく、iPhoneアナライザーにはバックアップファイルの保存先(ドライブ)移動機能も搭載しています。

iPhoneアナライザーの詳細は下記をご参照ください。

iPhoneアナライザー

 「iPhoneアナライザー


※アンドロイド端末用はこちら →Androidアナライザー



bouhankiki at 13:09|Permalink